2015年02月16日

Ubuntu 14.04 64bit で実行される、とあるプロダクトのビルドスクリプトの一部で、大量にファイルが存在するディレクトリを cp -r * でアーカイブしようとした所、一部のファイルがコピーされないという現象に悩みました。当初は HDD やファイルシステムの障害を疑ったりもしたのですが、結局は bash によりワイルドカードが展開され、cp に渡されたコマンドライン引数が長すぎて、途中で切れていたのが原因のようです。(エラーが何も出ないのが不思議なのですが…。)

続きを読む

2014年11月17日

ソースレベルデバッグのためにデバッグ情報付きのバイナリ(vmlinux)が必要になったため、Xilinx Linux for Zynq AP SoC をソースからビルドした時のメモです。
続きを読む

2014年09月18日

前回の記事で、GNU CPP の独自拡張 #include_next 指令を紹介しました。

「GNU CPP(GCC)の独自拡張#include_next指令」

このドキュメントは簡単な概要と例だけなので、ちょっと複雑なケースになると、この挙動は仕様なのか?バグなのか?という判断が難しくなります。

この間、私が悩んだ疑問は、過去に以下の ML で取り上げられた疑問とほぼ同じものでした。
gcc-help ML: #include_next: wrong search order?
この疑問を単純化して解説した後、私なりの解釈を説明します。
続きを読む

2014年09月11日

Warp の挙動を調べている時に、GCC のプリプロセッサの #include_next 指令の挙動にかなり悩んだので、備忘録も兼ねてドキュメントの日本語訳をアップロードします。

厳密な仕様が無く、あまり有名でもない(?)独自拡張なので(ARM CC や IBM XL C/C++ など、一応 GCC 以外のコンパイラのプリプロセッサにも取り入れられているようですが)、情報が少なく、実際にいろいろ動かして実験してみないと挙動がよくわからず、かなり混乱しました。以下の翻訳もあまり自信が無いので、何かお気づきの点があれば、コメント欄にてご指摘いただけると幸いです。(ただし、現在スパムコメントがあまりにも多いため、半角英数字のみのコメント、国外の IP アドレスからのコメント、改行が 10 個以上あるコメントは受け付けない設定になってます。ご注意ください。)

ちなみにこの記事は、問題を理解してもらうための布石で、実際に悩んだ問題は、また後日に解説します。

続きを読む

2014年09月05日

たまには役に立ちそうなネタも書かないとということで、この間社内で話題※になった、glibc 環境の Linux の動的リンカに共有ライブラリのデバッグ時に有益な情報を出力させる方法を紹介します。

※ この Tips は、弊社の PARTNER-AP(JTAG-ICE デバッガではなく、Linux アプリをデバッグするためのアプリデバッガ)案件で役に立った実績のある Tips なので、glibc と共有ライブラリを使用するような、比較的リッチな Linux 環境において有効です。(デバッガとは無関係で、純粋に Linux 環境でのデバッグ機能の紹介となります。)
続きを読む

2014年08月27日

マニアックなネタが続いて申し訳ありません。またプリプロセッサの話です。

前回:C/C++プリプロセッサの挙動の違い(defined編)
前々回:米Facebook社のC/C++プリプロセッサWarpをWindows環境でビルド

Warp の挙動を調べていて、以下のような、マクロ展開後にコメントが生成されるようなコードが通らない事に気が付きました。
(元は MinGW GCC の x86_64-gdcproject-mingw32/x86_64-gdcproject-mingw32/sysroot/mingw/include/wtypes.h ヘッダ)
$ cat gen_cpp_comment.c
#define _VARIANT_BOOL /##/

$ ./warp.exe --stdout gen_cpp_comment.c
# 1 "gen_cpp_comment.c"
# 1 "i:\test\warp//"
# 1 "<command-line>"
# 1 "gen_cpp_comment.c"
gen_cpp_comment.c(2) : ## cannot appear at end of macro text
続きを読む

2014年08月21日

前回の記事でビルドした Facebook 社の Warp の挙動を調べていた所、#if や #elif 指令中でのみ使用可能な defined 単項演算子の挙動が GCC のプリプロセッサと異なり、GCC 用のヘッダを前処理できない事例を発見したので、その時のメモです。

続きを読む

2014年08月12日

Warp は Facebook 社が D 言語の作者 Walter Bright 氏と協力して開発した C/C++ プリプロセッサで、自社のビルドシステムの高速化のために開発したそうです。D 言語で書かれていて、非常に緩い Boost Software License 1.0 で GitHub に公開されています。

「Under the Hood: warp, a fast C and C++ preprocessor」
https://code.facebook.com/posts/476987592402291/under-the-hood-warp-a-fast-c-and-c-preprocessor/
https://github.com/facebook/warp

Cent OS 6 以外では動作確認されていないそうですが、いろいろ試行錯誤した結果、Windows の MSYS + GDC(D Programming Language for GCC)環境で、とりあえず warp の生成までは成功したので、その時のメモです。(builtin_defines.sh というシェルスクリプトが git リポジトリに入っていないようで、ドライバプログラム warpdrive の生成は失敗しました。)

続きを読む

2014年03月06日

最新の LLVM 3.5(2014/3/6 の git リポジトリ)を MS Windows 環境でビルドしてみました。

続きを読む

2014年01月23日

GCC のリリースノートを眺めていたら、4.7 からトランザクションメモリのサポートが入っていたことに気付いたので、少し調べてみました。

続きを読む

2013年07月17日

GCC はバージョン 4.8 から、実装言語が C++ になりました。というわけで、プラグインも今後は C++ で書きたいところです。また、せっかくなので、gcc ではなく g++ のプラグインを C++ で書いてみました。

続きを読む

2013年06月27日

以前にgccでNEONのSIMD命令を生成させる方法という記事を書きましたが、今はかなり状況が変わっています。コンパイラのオートベクタライズの最適化はずっと進化していて、簡単なコンパイルオプションをつけるだけでNEONのSIMD命令を活用することができるようになっています。

続きを読む

t2koba at 14:33コメント(1)GCCkoba

2013年06月27日

昨日の記事で GCC 4.7 をインストールしたので、ついでに Plugins 機能を試してみました。

続きを読む

2013年06月26日

GCC 4.7 のリリースノートに、新しく追加された -grecord-gcc-switches オプションを付けると、DWARF デバッグ情報の DW_AT_producer 属性文字列にコンパイラのコマンドライン文字列が追加されるよ、と書いてあることに気付いたので、さっそく試してみました。

続きを読む

2013年06月11日

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード