2015年02月

2015年02月26日

GNU make には、暗黙のルールの連鎖で中間ファイルを生成したら、自動的に削除するという仕様があるのですが、これと WIndows のファイルシステムの、ファイル名の大文字小文字を区別しないという仕様が組み合わさると、ファイルが削除されてしまうという現象があり、実際ハマったのでメモしておきます。

10.4 Chains of Implicit Rules
(make 3.79.1: 新堂安孝氏による日本語訳):10.4 暗黙のルールの連鎖
続きを読む

2015年02月25日

前回の記事では、GDB のシミュレータを使用してクロス GCC の dejagnu testsuite を通す方法を紹介しました。

Linux上でビルドしたGCCクロスコンパイラを(簡易)テストする方法

しかし、ARM ターゲット(arm-none-eabi)だと、この方法では上手く行きませんでした。どうもいろいろ調べてみると、GDB のシミュレータは ARM11 ぐらいまでしか対応してないようで(この時のターゲット CPU は Cortex-A9)、それ以上新しい ARM の場合は QEMU ユーザーモード(Linux アプリ実行環境)を使用してテストを実行するようです。これもほとんどウェブ上に情報が無く、非常に苦労したので、その時のメモを公開します。

(弊社の exeGCC の前任者の方が残してくださった技術メモやスクリプトには非常に助けられました。この場を借りてお礼申し上げます。)
続きを読む

2015年02月24日

PC Linux ホスト上で、sh の評価ボードなどホストと異なる環境をターゲットにした、GCC のクロスコンパイラ ※ をビルドするのは比較的簡単で、ウェブ上にも情報はたくさんあるのですが、それをテストする方法がなかなかわからず苦労しました。その時のメモです。

※ この記事では newlib を使用した bare-metal target、いわゆる OS レスの環境をターゲットにしたクロスコンパイラの、ソフトウェア CPU シミュレータを使用した簡易テスト方法を扱います。GCC のビルド環境や、dejagnu などの(通常のネイティブ GCC の)テスト環境は、既に整っているものとします。
続きを読む

2015年02月16日

Ubuntu 14.04 64bit で実行される、とあるプロダクトのビルドスクリプトの一部で、大量にファイルが存在するディレクトリを cp -r * でアーカイブしようとした所、一部のファイルがコピーされないという現象に悩みました。当初は HDD やファイルシステムの障害を疑ったりもしたのですが、結局は bash によりワイルドカードが展開され、cp に渡されたコマンドライン引数が長すぎて、途中で切れていたのが原因のようです。(エラーが何も出ないのが不思議なのですが…。)

続きを読む

記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード