2010年01月12日

GCC の名前付きアドレス空間サポート

Linux のソースコードでは、ユーザ空間とカーネル空間のポインタを区別するために、__user や __iomem などのマクロを変数に付けています。これは最終的には noderef や address_space(n) などの attribute に落ちて、sparse チェッカーというプログラムによってチェックされます。

参考: sparseチェッカー

これと同じように、異なるアドレス空間を指すポインタ変数に、アドレス空間ごとに任意の名前を付け、静的チェックや自動的に適切なコードを生成してくれるようなしくみがコンパイラにあれば、メモリが複数領域に分かれているような環境でのプログラミング時に便利です。これが名前付きアドレス空間サポートです。

時系列は追いきれてないのですが、2008 年 4 月に RFC が GCC の ML に提案されたようです。

RFC: named address space support

named-addr-spaces-branch という branch が存在し、更新はメインラインにマージされるそうです。
今のところは CELL/spu ターゲット限定のようです。

3.17.37 SPU Options

この方の記事が詳しいです。PIC や AVR などのプロセッサでは、ROM/RAM/FLASH というようにメモリ領域が分かれているため、名前付きアドレス空間のサポートが必要になってくるそうです。

ARMにはまった: GCCの名前つきアドレス空間サポート
ARMにはまった: まだまだねばるPIC用GCC、別アドレス空間の話

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード