2010年04月02日

給与面接

KMC は、おそらく日本の企業では珍しいのではないかと思うのですが、社員一人一人が自分の一年間の自己評価と、それをベースにした希望年収金額をレポートにまとめて提出し、最終的には評価者との面接(交渉)により給与が決まるという制度を取っています。

評価は、経営サイドの最高責任者(つまり社長)と、技術サイドの最高責任者(CTO)のお二人が行います。人を評価するということは非常に大変なことで、普段はバリバリの技術者である社長たちは、慣れない仕事にかなり消耗していた感じでした。

それでもこのような制度を取っているのは、「誠実でありたい」「(与えられた仕事をこなすだけの)"サラリーマン"になるな」という、常日頃から社長が主張されている信念の表れ(の一つ)なのだろうと思います。



これだけだと、(特に KMC のような小企業の場合は)社長と CTO がまるで絶対的な権力者のように誤解されてしまうかもしれないので、一応補足しておきますと。

KMC は、基本的に上下関係が全く無いフラットな企業です。
# そもそも社長が一番コード書いてる最前線の技術者です(笑)

経営方針なども、月に一度、東京支社(基本的に営業サイドの方々)・京都本社(基本的に技術サイドの方々)全員が集まる KMC 会議で、技術・経営・営業みんなで明け透けに話し合って決めていく感じです。

大企業に就職した経験が無い私が言ってもしょうがないのですが、小企業ならではの見通しの良さ、団結力が感じられて、良い会社なのではないかと思っています。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード