2010年04月20日

ELC2010でQEMU with PARTNERをデモしました

先週サンフランシスコにてELC(Embedded Linux Conference)が開催され、参加してきました。

そこで思いがけずCELFの主催者のご好意でデモの場所を貸していただくことになりました。前回のCELFテクニカルジャンボリーの講演資料を基に、QEMUに接続するPARTNERデバッガのデモを行いました。英語で資料を作っておいた甲斐があったというものです。




P1320199P1320186P1320173-1DSC01315













英語での説明は最初は苦労しましたが、やっているうちにどのように話せばわかってもらいやすいかがわかってきました。そしてそれを繰り返ししゃべっているうちに口も慣れてきて余裕が出てきます。

"We are debugger vender, from Japan."
"Originally, our debugger connect the real board via JTAG."
"Today, this debugger is connecting QEMU instead."
"This is Android emulator, you know, this is running on QEMU".
"Throught this debugger, you can debug the kernel and device driver, making break point and step on source code."

"I know QEMU is not perfect. But much better than nothing."

"QEMU is so handy. You can debug even on the air plane. :)"

QEMUに関心を持っている人は多く、QEMUでのデバッグ方法はもちろん、どのようにこれを使いこなしていくかということに関してもいろいろと聞かれました。

今回のこのELC全体を通して、ここでの話は決して手が届かないものではなく、自分たちのやっていることは充分国外でも通用すると感じました。
次回はぜひ発表者として参加したいです。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード