2010年11月30日

VisualStudioからPARTNER-Jetを使って実機でデバッグ

統合開発環境(IDE)はEclipseが使われることもありますが、Windowsでの開発ではMicrosoft社のVisual Studioがよく使われています。

そこで、Visual StudioとPARTNER-Jetを連携させて、PARTNER-JetにJTAGで接続した実機をVisual Studioの操作でデバッグできるようにしてみました。まだ研究開発中のものですが、参考出品としてET2010の弊社ブースで展示します。



ソースコードをブラウズしたり編集するのはVisualStuidoの機能を使って行うことができます。コンパイルもVisualStudioの中から弊社のexeGCCを呼び出すことができるようにしてみました。
実機へ実行ファイルをロードして実行し、ブレークポイントをかけることもVisualStudioのユーザーインターフェイスから行うことができます。

VS_partner



ご興味のある方はぜひET2010の弊社ブースにお立ち寄りください。
なお、Cortex-A9のデュアルコアのボード KZM-A9-DualもPARTNER-Jetと組み合わせてのAndroidやLinuxのデバッグのデモも行います。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード