2012年01月20日

Androidのadbのメモ(4) service

ADBのserviceについてのメモ。



adbのおおまかな機能

  1. Transport: ホストとターゲットの間の通信経路を確立する
  2. Service: その通信経路を使って(主に)ホスト側からターゲット側にリモートで何かを実行させる

Transport: ホストとターゲットの間の通信経路を確立する

ホストとターゲットの接続方法はUSBとTCPの2種類があるが、adbがプロキシーの働きをしてそれを隠蔽するので、両端からは単なるsocketのストリームとして扱うことができる。

単にこの機能だけが欲しい場合は adb forward コマンドを使えばよい。

つながっているターゲットがひとつだけの場合は、明示的に通信先を指定する必要がない。

複数ある場合には、USBかTCPかで指定する方法とターゲットのシリアル番号で指定する方法がある。

Service: その通信経路を使って(主に)ホスト側からターゲット側にリモートで何かを実行させる

実際にはserviceはadb serverで処理が完了するものと、adb serverを経由してターゲット側のadbdで処理されるものがある。

ちなみに、Androidの中でも"service"という用語は各レイヤごとに違うものをさす。

init.rcでのservice, binderでのservice, Javaプログラムでのandroid.app.Service, およびこのadbでのserviceは全て異なるもの。私は英語が母国語ではないのでニュアンスが理解できないが、強いてこれらの共通点をあげると、直接自分で行うのでなく、誰かに頼んで後でしてもらう処理を"service"と呼ぶようだ。

ADBのserviceのメモ

system/core/adb/service.c と system/core/adb/commandline.cを見たときのランダムなメモ。

system/core/adb/SERVICES.txtも参照。

ターゲット側で実行される各serviceはadbdでスレッドまたはサブプロセスを起動してそこで実行される。

/system/bin/shをサブプロセスとして起動するときに擬似端末を使用している。/dev/ptmx, grantpt, unlockpt, ptsname などの使用方法が参考になる。

adb root, adb usb, adb tcpip などadbdのリスタートをともなうものは、システムプロパティに書き込むことで、initにリスタートを依頼している。つまりAndroidのinitに依存しているので、adbdを他のOSに移植を考えている場合はこれを変更する必要がある。

adb reboot または adb reboot-bootloader のときはターゲット側でsync();の後に/system/bin/vdc コマンドをfork & execして外部ストレージの強制アンマウントを依頼し、その終了を待つ。その後でシステムコールのrebootが使われる。

adb install はクライアント側のcommandline.cでファイルの転送とshellコマンドの実行に分割して実現されている。パッケージのファイルを転送したあとにターゲット側実行するコマンドはpm。/system/bin/pmはshellスクリプトであり、Javaで書かれたhttp://com.android.commands.pm.Pm を新たにDalvikVMを起動して実行する。adb uninstall も同様にターゲット側でpmコマンドを実行する。

adb backup, adb restore というコマンドがAndroid 4.0から追加されている。ファイルに保存されている状態も含めて、アプリケーションの保存、復帰ができるようだ。

"framebuffer:" DDMSでスクリーンショットを撮るときには、このサービスが使われる。以前はadbdが直接フレームバッファのデバイスファイルを読んでいたが、Andorid4.0からはscreencapコマンドをfork & exec するようになった。

DDMSからadbの通信を行う部分のソースコードは、sdk/ddms/libs/ddmlib/src/com/android/ddmlib/Adbhelper.java ここで、"framebuffer:" や "log:"など通常のadbコマンドでは使用することがないserviceが使われていた。

"dns:" 唯一ホスト側で実行されるローカルサービス。gethostbynameでホスト名からIPアドレスを引く。SERVICES.TXTによれば、デバイスからUSBでホストを経由してのネットワーク接続(つまり、テザリングの逆)を実装するときに使われるらしい。通常のadbコマンドではこのサービスを利用するコードはみつからない。

"recover:"というサービスがあるが、どこから使用されるのか見つけられなかった。過去の遺物かも。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード