2012年03月13日

KZM-A9-DualでDebianをnetinstallする

initrdの使い方がわかってきたので、その応用としてDebianをnetinstallしてみます。

以前に、「ARMのQEMUにDebianをnetinstallする」という記事を書きましたが、今回はQEMUでなくてKZM-A9-Dualボードで行います。



Debianのnetinstall用のinitrdの入手

wget http://ftp.jp.debian.org/debian/dists/stable/main/installer-armel/current/images/versatile/netboot/initrd.gz

これはversatileボード用のものですが、ローダブルモジュール以外はボードに依存するところはなさそうで、これをKZM-A9-Dualボードで使ってもうまくいきました。

kernelのコンフィグ

make menuconfigで以下を変更しました。

  General setup --->
    Support for paging of anonymous memory (swap)

  Networking support --->
    Networking options
       Only allow certain groups to create sockets  チェックを外す

netinstall用のinitrdで起動

2つの方法があります。

  1. initrd.gzをメモリ上に置いて、カーネルパラメータinitrd= でそのアドレスとサイズを指定する
  2. initrd.gzをカーネルに組み込んでしまう

今回は1の方法でやりました。(PARTNER-Jetのrdコマンドでファイルをメモリにロード。)

使用したカーネルのブートパラメータは以下の通り。

initrd=0x40800000,0x00800000 \
mem=129M@0x40000000 mem=256M@0x50000000 console=ttyS1,115200n8n

インストール先となるSDカードを挿しておきます。

シリアルコンソールに以下のような表示がでるので、これに沿ってインストールを進めていきます。

debian_netinstall0

進めていくと、Kernel moduleが見つからないという警告がでますが、

Continue the install without loading kernel modules?

これにはYesで続行。

rootのパスワードは空にしておくと、Ubuntuと同様にsudoで使えるようにセットアップしてくれます。

Software RAIDが使えないという警告も続行。

Logical Volume Managerが使えないという警告も続行。

Partition disksでは "Guided - use entire disk" を選択。すると次の画面でどのdiskを使うかと聞かれます。

4GBのサイズのmmcblk0は内蔵のeMMCです。基板の表面にあるSDカードスロットはmmcblk1, 裏面にあるSDIOスロットはmmcblk2です。eMMCの内容はつぶしたくないので、mmcblk1を選択します。

The partition tables of the following devices are changed: 
    x    MMC/SD card #2 (mmcblk1)                                          x
    x                                                                      x
    x The following partitions are going to be formatted:                  x
    x    partition #1 of MMC/SD card #2 (mmcblk1) as ext3                  x
    x    partition #5 of MMC/SD card #2 (mmcblk1) as swap                  x
    x                                                                      x
    x Write the changes to disks?

書き込みの最終確認。デバイスがmmcblk1であることを確認してからYes。

この後はbase system のインストールに進みます。しばらく待ちます。

カーネルのソースが無いと言われますが、カーネルのインストール無しで続行。

 Choose software to install:                                             x
  x                                                                         x
  x                    [ ] Graphical desktop environment                    x
  x                    [ ] Web server                                       x
  x                    [ ] Print server                 a                   x
  x                    [ ] DNS server                   a                   x
  x                    [ ] File server                  a                   x
  x                    [ ] Mail server                  a                   x
  x                    [ ] SQL database                 a                   x
  x                    [ ] SSH server                   a                   x
  x                    [ ] Laptop

ここでは、SSH serverにチェックを入れます。(Graphical desktop environment を選択するとSDカードは4GBでは足りないことがわかっています。)

No boot loader installed という警告。起動時に自分で root=/dev/mmcblk1p1 をカーネルブートパラメータに追加しなさいということ。

インストール完了。

カーネルのブートパラメータ

root=/dev/mmcblk1p1 mem=129M@0x40000000 mem=256M@0x50000000 \
console=ttyS1,115200n8n  rootwait rw

ブートログ

  ...
  
[    1.520000] TCP cubic registered
[    1.520000] NET: Registered protocol family 17
[    1.530000] Registered led device: led1
[    1.530000] Registered led device: led2
[    1.540000] VFP support v0.3: implementor 41 architecture 3 part 30 variant 9 rev 1
[    1.540000] emxx-rtc 0-0051: setting system clock to 2012-03-13 07:16:40 UTC (1331623000)
[    1.550000] Waiting for root device /dev/mmcblk1p1...
[    1.620000] mmc0: new high speed MMC card at address 0001
[    1.620000] mmcblk0: mmc0:0001 000000 3.82 GiB
[    1.630000]  mmcblk0: p1 p2 p3
[    1.920000] mmc1: new high speed SD card at address 0002
[    1.920000] mmcblk1: mmc1:0002 00000 1.86 GiB
[    1.930000]  mmcblk1: p1 p2 < p5 >
[    2.000000] EXT3-fs: barriers not enabled
[    2.010000] kjournald starting.  Commit interval 5 seconds
[    2.010000] EXT3-fs (mmcblk1p1): using internal journal
[    2.020000] EXT3-fs (mmcblk1p1): mounted filesystem with writeback data mode
[    2.030000] VFS: Mounted root (ext3 filesystem) on device 179:9.
[    2.030000] Freeing init memory: 128K
modprobe: FATAL: Could not load /lib/modules/2.6.35.7/modules.dep: No such file or directory

INIT: version 2.88 booting
Using makefile-style concurrent boot in runlevel S.
.udev/ already exists on the static /dev! ... (warning).
Starting the hotplug events dispatcher: udevd.
Synthesizing the initial hotplug events...done.
Waiting for /dev to be fully populated...done.
Activating swap...[    4.350000] Adding 132092k swap on /dev/mmcblk1p5.  Priority:-1 extents:1 across:132092k SS
done.
Checking root file system...fsck from util-linux-ng 2.17.2
/dev/mmcblk1p1: clean, 20165/113792 files, 114556/455168 blocks
done.
[    5.300000] EXT3-fs (mmcblk1p1): using internal journal
Cleaning up ifupdown....
Setting up networking....
Loading kernel modules...done.
Activating lvm and md swap...done.
Checking file systems...fsck from util-linux-ng 2.17.2
done.
Mounting local filesystems...done.
Activating swapfile swap...done.
Cleaning up temporary files....
Configuring network interfaces...done.
Starting portmap daemon....
Starting NFS common utilities: statd.
Cleaning up temporary files....
Setting kernel variables ...done.
[    7.390000] net eth0: SMSC911x/921x identified at 0xe0840000, IRQ: 167
INIT: Entering runlevel: 2
Using makefile-style concurrent boot in runlevel 2.
Starting portmap daemon...Already running..
Starting NFS common utilities: statd.
Starting enhanced syslogd: rsyslogd.
Starting deferred execution scheduler: atd.
Starting periodic command scheduler: cron.
Starting OpenBSD Secure Shell server: sshd.
Starting MTA: exim4.
ALERT: exim paniclog /var/log/exim4/paniclog has non-zero size, mail system possibly broken ... failed!

Debian GNU/Linux 6.0 debian ttyS1

debian login:


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード