2012年04月17日

PARTNER-JetでU-bootを追いかける(3)

前回の続きです。

スタックトレースででてきた関数のまわりを見てみます。



PARTNER-Jetのバックトレースウインドウの関数の行をダブルクリックすると、コードウインドウにその部分のソースコードが表示されます。(クリックで拡大表示)

partner_uboot005

common/main.c のmain_loopのところを、無関係の#ifdefを取り除くと以下のようになります。

	for (;;) {

		len = readline (CONFIG_SYS_PROMPT);

		flag = 0;	/* assume no special flags for now */
		if (len > 0)
			strcpy (lastcommand, console_buffer);
		else if (len == 0)
			flag |= CMD_FLAG_REPEAT;

		if (len == -1)
			puts ("<INTERRUPT>\n");
		else
			rc = run_command (lastcommand, flag);

		if (rc <= 0) {
			/* invalid command or not repeatable, forget it */
			lastcommand[0] = 0;
		}
	}

ループの中で、readlineでコマンド列を読み取り、run_commandでそれを実行しています。

run_commandの中を追いかけていくと、以下のようになっています。

		/* find macros in this token and replace them */
		process_macros (token, finaltoken);

		/* Extract arguments */
		if ((argc = parse_line (finaltoken, argv)) == 0) {
			rc = -1;	/* no command at all */
			continue;
		}

		/* Look up command in command table */
		if ((cmdtp = find_cmd(argv[0])) == NULL) {
			printf ("Unknown command '%s' - try 'help'\n", argv[0]);
			rc = -1;	/* give up after bad command */
			continue;
		}

		/* found - check max args */
		if (argc > cmdtp->maxargs) {
			cmd_usage(cmdtp);
			rc = -1;
			continue;
		}

		/* OK - call function to do the command */
		if ((cmdtp->cmd) (cmdtp, flag, argc, argv) != 0) {
			rc = -1;
		}

最後の関数ポインタ cmdtp->cmd を呼び出しているところが、各コマンドの実行のようです。

PARTNER-Jetでここにブレークポイントを設定し、Goしてからシリアルコンソールから

"help"と入力してみます。

partner_uboot006

ここで止まりました。ファンクションキーF8でステップインしてみます。

partner_uboot007

確かにこれがhelpコマンドの実装のようです。

/*
 * Use puts() instead of printf() to avoid printf buffer overflow
 * for long help messages
 */
int do_help (cmd_tbl_t * cmdtp, int flag, int argc, char *argv[])
{
	int i;
	int rcode = 0;

    ...

U_BOOT_CMD(
	help,	CONFIG_SYS_MAXARGS,	1,	do_help,
	"print online help",
	"[command ...]\n"
	"    - show help information (for 'command')\n"
	"'help' prints online help for the monitor commands.\n\n"
	"Without arguments, it prints a short usage message for all commands.\n\n"
	"To get detailed help information for specific commands you can type\n"
  "'help' with one or more command names as arguments.\n"
);

do_help を参照しているところを探すと、U_BOOT_CMDというマクロが見つかりました。

おそらくこれでコマンドを登録しているのでしょう。

ここまで調べてからソースコードを見ると理解が早いです。

次回はU-Bootの起動シーケンスを調べてみます。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード