Linux

2012年04月10日

Ubuntu 12.04LTSではMultiarchが拡充されていると聞いたので、12.04LTS Beta2をインストールしてarm-linux-gnueabihfのクロスビルドと実行を試してみました。

Rubyのクロスビルドとインストールを追記しました。

続きを読む

2012年03月14日

前回はnetinstallでDebianのsshサーバが動くところまでを紹介しました。

今回はSDカードから起動して、DebianのDesktopを動せるようにしてみます。

DSC01249

続きを読む

2012年03月13日

initrdの使い方がわかってきたので、その応用としてDebianをnetinstallしてみます。

以前に、「ARMのQEMUにDebianをnetinstallする」という記事を書きましたが、今回はQEMUでなくてKZM-A9-Dualボードで行います。

続きを読む

2012年03月12日

前回の「Buildrootで作ったルートファイルシステムをinitramfsでカーネルに組み込む」では、ルートファイルシステムとカーネルが一体化しているので、扱いは簡単ですが、ルートファイルシステムの内容を変更するたびにカーネルを再ビルドしなければなりません。カーネルはもう変更の必要がないのならば、カーネルとルートファイルシステムを別々にしておくほうがよい場合もあります。

続きを読む

2012年03月09日

Buildrootを使って簡単に最小限のルートファイルシステムを作ることができます。今回は、Linuxカーネルのinitramfsの機能を使ってこれをカーネルに組み込んで動かしてみました。

続きを読む

2012年03月07日

前回はbuildrootでuclibcを使ったルートファイルシステムを作りました。buildrootは長らくuclibc専用でしたが、最近はToolchainにcrosstool-NGを指定することで、glibcやeglibcを使うこともできるようになっています。今回はeglibcでルートファイルシステムを作ってみます。

続きを読む

2012年03月06日

ELCでも紹介されていたBuildrootを使ってbusybox + uclibc のコンパクトなルートファイルシステムを作成し、KZM-A9-Dualボードで動かしてみました。

続きを読む

2012年02月29日

概要

KZM-A9-Dualボードで、glibcベースで比較的軽量なルートファイルシステムを用いた Linuxを動作させる手順を説明します。

ルートファイルシステムには、ARM社が公開しているものを用いています。

続きを読む

2012年02月02日

ARM Ubuntu 11.10でadbdを動かして使用することができたので、そのメモ。

続きを読む

2012年01月16日

カーネルのconfigを変えるときに、.configファイルを直接変更すると依存する項目の処理がややこしいので、make menuconfig としますが、変更したい項目がどの階層にあるのかがわからなくて、ちょっと苦労していました。

しかし今日、@l_b__さんからTwitterで、make menuconfigに検索機能があることを教えてもらいました。

続きを読む

2011年12月20日

前回はrootstockコマンドでARM Ubuntuのルートファイルシステムのイメージを作成しましたが、今回はLinaroのダウンロードページにあるDevelopers and Community Buildsのイメージを動かしてみます。

続きを読む

2011年12月08日

今まで何度かKZM-A9-DualボードでARM Ubuntuを使う方法を書いていますが、今回は11.10でやってみました。

続きを読む

2011年11月09日

ELCE2011(Embedded Linux Conference Europe 2011)のセッションの発表資料が公開されています。

ELCE 2011 Presentations

私が聴いたものをひとことずつ紹介します。

続きを読む

2011年11月01日

10月26日-28日にチェコ共和国のプラハで開催されたEmbedded Linux Conference Europeで講演してきました。
続きを読む

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード