KZM-A9-GT

2012年12月11日

LTSIのカーネルにはKZM-A9-GTボード(kzm9g)のサポートがバックポートされています。LTSI3.4のリリース候補が出ました。このソースを取得してビルドして起動する手順を紹介します。このリリースではKZM-A9-GTボードでは従来の方法では起動できなくて、必ずデバイスツリーを使用する必要があります。

続きを読む

2012年11月20日

KZM-A9-GTボード用のU-Bootを最新のソースコードを取得してビルドする方法を紹介します。

続きを読む

2012年10月23日

開発ボードでカーネルをいじるときには、rootfsとしてLinaroのサイトにあるnanoやALIPを私はよく使用します。

これらの便利なところは、起動するとすぐにシリアルコンソールにrootで自動ログインしてshellのプロンプトが出るところです。しかも、rootfsの中では、明示的にシリアルコンソールのデバイス名を指定しなくても自動で判別してくれています。

これがどのような仕組みになっているのかを少し調べました。そのメモを残します。

続きを読む

2012年09月24日

LTSIのカーネルにはKZM-A9-GTボード(kzm9g)のサポートがバックポートされています。

LTSIのカーネルをソースを取得してビルドする手順を紹介します。

以前のページから更新しています。

  • patchコマンドのversionが2.7になりました。
  • LTSIのmasterが3.4に移行したので、3.0のブランチをチェックアウトするようにしました。
  • LTSI3.0のベースのversionが3.0.43になりました。
続きを読む

2012年07月26日

U-Bootのマスターにマージされたので更新しました。こちらのページを参照してください。

KZM-A9-GTボード用のU-Bootを最新のソースコードを取得してビルドする方法を紹介します。

続きを読む

2012年07月20日

KZM-A9-GTボードのNORフラッシュに書き込みたいときに一番簡単な方法はPARTNER-Jetをつないで、そのロードコマンドを使うことですが、ここではU-Bootの機能を使ってNORフラッシュに書く手順を紹介します。

続きを読む

2012年07月10日

更新しました。こちらのページを参照してください。

LTSIのカーネルにはKZM-A9-GTボード(kzm9g)のサポートがバックポートされています。

LTSIのカーネルをソースを取得してビルドする手順を紹介します。

続きを読む

記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード