nfs

2011年01月25日

KZM-A9-DualボードのubootではカーネルのイメージをNFSでロードすることができます。

昔はカーネルはtftpでロードして、ルートファイルシステムはNFSでマウントすることが多かったのですが、これだとNFSサーバとTFTPサーバの2つを設定する必要がありました。

カーネルもNFSでよくなったので、TFTPサーバが不要になりました。

続きを読む

2010年03月01日

AndroidのエミュレータにQEMUが使われているのはご存知のことでしょう。

今回はこれまでの経験をいかしてAndroidのエミュレータに改造を加えてNFSroot化してみます。

続きを読む

2010年02月19日

前回はQEMUをアップデートしてLinuxカーネルを最新版にさしかえました。

さらに仮想ハードウェアもARM926のものからARM11MPcoreのものにさしかえました。

今回は残ったユーザーランドをDebianからUbuntuにさしかえてみます。

続きを読む

2010年02月17日

前回nfsからブートできるようにしたことで、ユーザーランドとカーネルの依存性が少なくなりました。そこでカーネルを最新のものに差し替えてみます。

さらに、qemuの仮想ハードウェアをARM926のversatileからARM11MPcoreのRealview_EBボードにさしかえて、SMPでの動作を見てみます。

続きを読む

2010年02月15日

大昔、まだハードディスクが高価だったころ、ディスクレスワークステーションというのがありました。自前でハードディスクを持たずに、ルートディレクトリから全てNFSでマウントするというものです。

この技術はいまでもUnix系OSのDNAに埋め込まれていて、簡単なセットアップでそれを行うことができます。組み込みLinuxの開発でこれを応用すると3つのよい点があります。

1. ターゲット内のファイルにホストからいつでも自由に簡単にアクセスできる。

2. ターゲットにストレージ系のデバイスドライバがまだ実装できていない状態でもカーネルを起動することができる。

3. ターゲットのディスクの空き容量を気にしなくてすむ。

QEMU上のARMのDebianでこれをやってみたので紹介します。

続きを読む

2010年02月03日

QEMU上で動いているarmのLinuxとファイルをやりとりするときに、PCのLinuxをNFSサーバにしてファイルを共有するとラクです。

QEMUの場合、ちょっと特殊なオプションが必要でした。その方法を紹介します。

続きを読む

記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード